お散歩

お昼から京都に来ていますが、四〇才にもなると随分近く感じますね。うまく言えないけど、年を取ったから近く感じるんだと思う。妻ははしゃいでいますが。

織物の仕事場だったのをリノベーションした平屋に友人が泊めてくれるというので、気楽なのもあるかもしれない。ホテルとは又、ちがう…。

いちおう、十一月の錦市場を緩慢にながされながら観察してきたけど、その後、どことも言えないような通りを歩いて帰るのがたのしかった。

大きい方の〈高木珈琲〉に入ってみたら、さっぱりした雰囲気がよかった。コーヒーゼリーは品切れだったけど、かためのプリンがおいしかった…。新幹線でお昼寝して、プリンたべにきたんだな。

人間、仕上がるもんですねえ。

Photo / Takeshi Abe