段取り

段取り、という言葉が浮かんでくる写真で、うどんでも打っているんだろうか。それとも、お饅頭でも作るのか。適度に使い古されて、きれいに整頓されている道具は、眺めているだけで気分がいい。こういうのって、あれじゃないといけない、みたいな道具がありそう。あの店の箒じゃないといけない、棒もこの木じゃないといけない、なんて話になってくると、それらを買い置きしておく準備もいる。

僕はそういう感覚ってよく分かるけど、いざというときに、その道具がないと気持ちよく仕事できないことって、なるべく抱えたくないリスクであるように感じられるので、基本的には道具がなんでも手が動かせるようにしておきたいですね。だから、カスタマイズしない。なるべく手に入れた素のままで使いたいし、手に入りにくいものは余り使いたくない。世の中には、お気に入りのペンを千本もストックしている人だっていて、それはそれで素敵だと思う。それじゃ、出掛けます。